行政書士に合格できない人の典型的なパターン

行政書士に合格できない人には同じような共通点があります。
ただ、多くの方はその事に気づいていませんし、気づいたとしても直そうとしません。

しかし、それで行政書士に合格できるはずはないのです。
そこで、このページでは行政書士に合格できない人の共通点を紹介するので是非参考にして下さい。
そして、自分もその共通点に当てはまると思えば、すぐにでも直して下さい。

質問ばかりする人

質問する事自体悪い事ではありませんし、むしろ良いことです。
しかし、それにも限度があります。
質問ばかりしてしまうと、自分で考える思考力がなくなり、試験に合格する力が付いてきません。

特に現在の行政書士試験は思考力を問う問題が多くなっているので、なお更そうなります。
また、質問ばかりする人の質問と言うのは、大抵テキストに載っていることです。

ということはきちんと勉強してないということになるのです。
まずはテキストを何度も読み返し理解を深めてから、それでもわからないことあれば、質問して下さい。

インターネットの情報に惑わされる人

これから皆さんも経験すると思いますが、勉強を続けていくとわからないことも多く出てきます。
そして、そのことが苦痛になり、もっと良い通信やテキストがないのか、インターネットで探そうとするのです。

その結果、「1日わずか30分の勉強で合格」といったようなインターネットの信憑性のない情報に惑わされ、そうした教材を購入し、挫折して行きます。
このサイトを見てくれているあなたは、良い通信について理解しているので、一度受講したら最後までその通信で勉強して下さい。
それが最も合格の可能性を高める方法です。

何も犠牲に出来ない人

行政書士に合格するために犠牲にしなければいけないことがあります。
それは多少のお金と自分の時間です。
お金に関しては通信を受講する分なので、皆さん理解できていると思います。
もう一つ必要なのが自分の時間です。

行政書士の勉強をするためには、自分の時間を削らなければいけません。
例えば、趣味の時間、テレビやパソコンを見る時間、お酒を飲みに行く時間、友人や恋人との時間などです。

こうした時間を勉強にあてなければいけないのです。
しかし、行政書士に合格できない人は、今まで通り自分の時間もほしい、でも行政書士にも合格したいと言います。

それで合格できるはずがありません。
このサイトで一度お話しましたが、行政書士に合格するためには覚悟が必要だと。
その覚悟というのは、数ヶ月間上記でお話した時間を我慢して勉強を続けらなければいけないことです。

そうした覚悟はない人は行政書士に合格することはできませんし、合格出来たとしても、行政書士として成功する事は出来ません。
必ずこの3点を意識して勉強をして下さい。

>>続きTOPへ