行政書士に合格するための絶対学習法

これは行政書士に限らず、どの資格でも言えることですが、勉強で最も重要なのは復習です。
この復習をより多くする人が行政書士に合格でき、疎かにする人が行政書士に不合格になると言っても過言ではありません。
誰にでも経験したことがあると思いますが、一度覚えた知識でも、その後勉強をしなければいつの間にか忘れてしまっていると思います。

その知識が普段聞きなれないものであればなお更です。
例えば、英単語です。
あなたも学生時代英単語を必死に覚えた経験があると思いますが、中々覚えられず苦労したはずです。

一度や二度勉強しただけでは覚えられないので、何度も書いたり、読んだりしてやっと覚えられたと思います。
行政書士の勉強も基本的にそれと同じです。

特に行政書士は独特の解釈が必要な法律の知識で、普段聞きなれない単語や意味が分かりにくいような事例が沢山出てきます。
そのような学習では、一度や二度の勉強で覚えられるはずがないのです。
しかし、復習と言うのは同じ事の繰り返しで、楽しい勉強ではありませんし、むしろ苦痛です。

ですから、多くの方は復習を敬遠し、中々勉強しようとしません。
そこで、効果的な勉強法は問題を解きながら、復習していくということです。

問題というのは一度覚えた知識をどのようなに使うか考えるので、自然と復習の効果が生まれてきます。
しかも、一度間違えたりすると、そのことを脳が鮮明に覚え、より長期間知識を記憶しておくことが出来るのです。
そして何より、問題を解くことができれば、勉強の醍醐味を味わえ、勉強が楽しくなります。

その結果挫折なく続けていけるようになるのです。
最後にここまでの内容をまとめると、「テキストや講義で覚えた知識は、何度も問題を解きながら復習していく」です。
そのことは絶対に忘れないで下さい。