行政書士通信ランキング

第1位 通信教育専門校フォーサイト
フォーサイトの詳しい詳細は、講座概要で確認すれば良いですが、
通信教育の選ぶポイントの項目に全て当てはまっているのが、このフォーサイトだけです。
フォーサイトは広告宣伝を極力控え、その分受講料を安くすることを
モットーにしているので、知名度はそれほど高くありませんが、
講座の質の高さ、受講料の安さ、そして合格率の高さは群を抜いていると思います。

何処の通信を受講すれば迷っていれば、間違いなくフォーサイトです。
⇒フォーサイトの概要はコチラ
⇒フォーサイトの公式サイトはコチラ


第2位 LEC東京リーガルマインド
ハイビジョン撮影していない講義と学習量の多さがネックでしたが、
比較的評価は高いと思います。
実際に通信ならフォーサイト、通学するならLECと言う声も多いくらいです。
ただ、LECはどちらかというと、ある程度基礎知識があり、
時間とお金に余裕があるでないと難しいような気がします。
(もちろんそうでない人でも良い)
⇒LECの概要はコチラ
⇒LECの公式サイトはコチラ


第3位 資格の大原
大原で評価が高かったのは、少ない学習量で合格させることをしようとしているので、
勉強時間が軽減されることです。
通信専門校なら、ほとんどはそうなのですが、資格学校は出題範囲を全て
学習させるようになっているところがほとんどです。
それに比べ、大原は挫折しないように無駄なく学習していけるようになっています。
ただ、講義の評価は低かったです。
⇒大原の概要はコチラ
⇒大原の公式サイトはコチラ


第4位 TAC
教室の講義をそのまま撮影している事と、学習量の多さが人気を下げました。
しかし、それでも長年の歴史と実績は疑う事はできず、
人気の学校であることは間違いありません。
通信は別としても通学するなら、検討する1校に入れて欲しいと思います。
⇒TACの概要はコチラ
⇒TACの公式サイトはコチラ


第5位 生涯学習のユーキャン
今回ユーキャンの人気の下げた理由は講義付いていなく、独学に近い学習になることです。
やはり、現在の行政書士試験は講義を聴きながら、
深く知識を理解しなくては合格出来ません。

しかし、ユーキャンは初級者に優しく作られているので、
行政書士学習の入り口としてなら、良いと思います。
もちろん、テキストだけなので、その分学習時間は必要ですが、
努力次第では合格の可能性も十分にあります。
個人的には、ユーキャンはおすすめできる通信講座です。
⇒ユーキャンの概要はコチラ
⇒ユーキャンの公式サイトはコチラ