良い通信はココで判断 その1「教材力」

行政書士試験対策の通信教育を選ぶ際、皆さんがまず比較するのはテキストや問題集といった「教材」だと思います。
ひとくちに「行政書士試験対策」と言っても通信教育の種類には様々あり、その内容や特徴はそれぞれ異なるもの。
実際に皆さんが受講する際には数多ある講座の中から“合格に導いてくれるもの”を選ぶ必要があります。

それでは、受験生側はどんな視点をもって行政書士試験対策の通信教育を選ぶべきなのでしょうか?まずは「教材」に注目し、考えてみたいと思います。

どんなテキストを選ぶべきかは、受験生個々の知識量に応じて違ってくるものです。
ですが、仮に皆さんが 法律を初めて学ぶのであれば、おすすめは断然【分かりやすさ重視】の教材であると言えます。
法律の学習、しかも行政書士試験のような難易度の高い資格対策の場合、どうしても文字ぎっしりでモノクロのいかにも難しそうなテキストを手に取ってしまいがちです。
しかしながら、このような思い込みによって小難しそうな教材を選んでしまっては、みすみす合格を遠ざけているも同然。
その教材で、皆さんは意欲的に勉強していけるでしょうか?
合格に必要なポイントを、しっかり習得できるでしょうか?

おそらく初学者であれば、「いかにも法律書」といったイメージのテキストではなかなか理解が進まず、上手くいかないものです。勉強は、続かなければ何の意味もありません。

こうした傾向を踏まえ、皆さんが注目すべきは 【取り組みやすい】教材です。
具体的には、
・カラーの明るいページ展開
・文字ぎっしりではなく、図表やイラストで補足解説されている
・テキスト一冊一冊がコンパクト

といった特徴のものを選べば間違いないでしょう。
代表的なスクールとしては、前ページのランキング1位に挙げた「フォーサイト」の行政書士通信教育で、こうした教材が提供されています。
「実際にどんな感じなの?」と気になる方は、公式ホームページから無料サンプルを請求してみましょう!
教材は、実際に自分の目で見て決めるのが一番です。