行政書士合格に必要な勉強時間

結論からいうと、行政書士に合格するための必要な勉強時間は、
800時間~1000時間です。
人によっては、それだけ勉強しても合格できないケースは珍しくありません。

もしかしたら、このサイト見てくれているあなたは「えっ!そんなに」と思い、
心が折れてしまう人もいることでしょう!

しかし、800時間~1000時間というのは、
あくまでも独学や良くない通信を受講した場合の話です。

このサイトでは、良い行政書士の通信選びや評判・口コミを紹介しているので、
皆さん質の高い通信を受講できると思います。

ただ、そうだとしても500時間や600時間は必要です。

勉強時間というのは、現在の知識量・学習法・あなたの資質的なこともあるので一概にいえませんが、そのくらい勉強しないと行政書士に合格するのは難しいと思います。

そもそも、行政書士は、その分野に関して責任と権利を与えられた国家資格です。
しかも行政書士は日本の国民が守るべき法律の仕事です。

それを簡単な学習で合格させてくれるはずはありませんし、
簡単に合格出来たら法律家の価値はなくなります。

もうすでに行政書士の難易度についてはお話していますので、
皆さんはある程度のことはわかると思います。

どんなに良い通信を受講しようとも、
どんなに効果的な学習をしようとも 行政書士に合格するためには
500時間~600時間の勉強時間は必要になります。

もしあなたがそれは出来ないと言うのなら、
行政書士の試験は諦めてください。

残念ながら、楽して行政書士に合格できる方法はありません。

どんなに辛い勉強でもそれを乗り超えられる人だけが、
試験に合格して、将来行政書士として活躍する権利が与えられるのです。

ですので、これから行政書士の勉強をするあなたは覚悟をもって試験に臨んで下さい。
そうすれば、行政書士合格は決して難しいことではありません。