行政書士の難易度と合格率

一昔前の行政書士試験は、法律系資格の登竜門と言われ、
それほど難易度の高い試験ではありませんでした。
しかし、それは昔の話で、今では非常に人気の資格になり、
それに伴い行政書士の難易度がどんどん高くなってきました。

その証拠に以下の合格率を見て下さい。
平成17年度 2.62%
平成18年度 4.79%
平成19年度 8.64%
平成20年度 6.47%
平成21年度 9.05%
平成22年度 6.60%
平成23年度 8.05%
平成24年度 9.19%
平成25年度 10.10%
平成26年度 8.27%
平成27年度 13.12%

現在でも行政書士の難易度については様々な言われ方をされていますが、
上記の合格率を見てどうでしょうか?
多分多くの方は難易度の高い試験だと感じると思いますし、
現に行政書士は難易度の高い試験です。

特に平成17年度の試験では合格率がわずか2%台です。

しかし、行政書士はそうした試験にも関わらず、
インターネット上にはあたかも簡単に合格できるというようなことを言う人もいて、
受験者を惑わしています。
でも、普通に考えてもらえばわかりますが、合格率が一桁の試験が簡単なわけがありません。

行政書士に合格するには講師の指導を仰ぎながら、優れた教材を使い、
そして人よりも何倍も勉強してなくてはいけません。
普通に勉強しても合格できる試験ではないのです。

そのために皆さんは、行政書士の通信を受講して勉強していくのです。
まずはそうした現実を理解してほしいと思います。

行政書士は、書店へ行き、市販されている教材を購入して、
ただ勉強しても合格できる試験ではありません。

良い講師の講義を聴き、学習ポイントを掴みながら、勉強していくのです。

それが行政書士に最短で合格できる唯一の方法です。